One Piece ブルック アイロンビーズの図案

One Piece ブルック アイロンビーズの図案

ルフィの8人目の仲間のブルックです。これで「麦わらの一味」のメンバー完成!「海賊「麦わらの一味」の音楽家。異名は「鼻唄のブルック」「ソウルキング」。超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者で、死亡しても一度だけ蘇生できる「復活人間」。白骨化した体で蘇ったガイコツ男で、アフロヘアーの剣士。リヴァース・マウンテンで別れたクジラのラブーンとの再会を誓う。」Wikipedia Japan これでOne Pieceのミニシリーズが終了です。次は可愛い系のシリーズかな?!

One Piece フランキー アイロンビーズの図案

One Piece フランキー アイロンビーズの図案

ルフィの7人目の仲間はフランキーです。「海賊「麦わらの一味」の船大工。異名は「鉄人(サイボーグ)」。「フランキー」は愛称で、本名はカティ・フラム。水色のリーゼントヘアーが特徴で、サングラスをかけている。改造人間(サイボーグ)であり、体内には様々な武器が内蔵されている。」Wikipedia Japan 「麦わらの一味」のメンバー残りあと一人!

One Piece ニコ・ロビン アイロンビーズの図案

One Piece ニコ・ロビン アイロンビーズの図案

ルフィの6人目の仲間はニコ・ロビンです。「海賊「麦わらの一味」の考古学者。異名は「悪魔の子」。「西の海(ウエストブルー)」のオハラ出身。クールで頭脳明晰な美女。新世界編では、伸びた髪をオールバックにし、サングラスをかけている。超人系悪魔の実「ハナハナの実」の能力者で、身体の一部をあらゆる場所から花のように咲かせることができる。初登場時は秘密犯罪会社「バロックワークス」の副社長で、当時はルフィ達と敵対関係にあった。」Wikipedia Japan 今回で7人目の「麦わらの一味」のメンバーが完成!残り二人で今回のミニシリーズを終了とします。

One Piece チョッパー アイロンビーズの図案

One Piece チョッパー アイロンビーズの図案

ルフィの5人目の仲間はトニートニー・チョッパー。「海賊「麦わらの一味」の船医。異名は「わたあめ大好きチョッパー」。青い鼻ゆえに親や仲間のトナカイから嫌われていた。動物系悪魔の実「ヒトヒトの実」の能力者で、人獣型・人型・獣型に変形し人語を話せる「人間トナカイ」。何でも治せる医者を目指している。」Wikipedia Japan ウータンが作ってくれたチョッパーです。

One Piece サンジ アイロンビーズの図案

One Piece サンジ アイロンビーズの図案

ルフィの4人目の仲間はヴィンスモーク・サンジです。「海賊「麦わらの一味」のコック。異名は「黒足のサンジ」。黒いスーツと、金髪にくるりとした左右非対称の眉毛が特徴で、常に煙草をくわえている。コックの命である手を傷つけないように、足技で戦う。伝説の海「オールブルー」を見つけることが夢。」Wikipedia Japan。

One Piece ウソップ アイロンビーズの図案

One Piece ウソップ アイロンビーズの図案

またOne Pieceシリーズのつづきです。今回はウソップ。「海賊「麦わらの一味」の狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」、「〝ゴッド〟ウソップ」。ルフィの3人目の仲間。臆病でお調子者ながら器用で口八丁な射撃の名手であり、その手腕は仲間からも一目置かれる。父のような「勇敢なる海の戦士」を目指している。」Wikipedia Japan。徐々に増えていく「麦わらの一味」の仲間たち!

“One Piece ナミ アイロンビーズの図案

“One Piece ナミ アイロンビーズの図案

次のOne Pieceキャラはナミです。ルフィの2人目の仲間です。「元は海賊専門の泥棒。「海賊「麦わらの一味」の航海士。異名は「泥棒猫」。お金・お宝に目がない。オレンジ色の髪と左上腕部のタトゥーが特徴の、才色兼備の美女。自分の目で見た世界中の海図を描くこと。」Wikipedia Japan まだまだ可愛いキャラが出来上がっていますよ!お楽しみに!

One Piece ロロノア・ゾロ アイロンビーズの図案

One Piece ロロノア・ゾロ アイロンビーズの図案

One Pieceのシリーズを一気にUPすることにしました。One Pieceの図案第3弾は主人公のロロノア・ゾロです。「海賊「麦わらの一味」の戦闘員であり。異名は「海賊狩りのゾロ」。「最悪の世代」の一人。ルフィの最初の仲間で両手の二刀に加え、三本目の刀を口にくわえて振るう「三刀流」の剣士。世界一の剣豪を目指している。クールでストイックな武士道精神の持ち主。」Wikipedia Japan「三刀流」の剣士ってカッコいいですよね。